2016年12月23日金曜日

鳥取県山岳協会創立50周年式典・祝賀パーティー

平成28年11月26日(土)、米子ワシントンホテルに於いて、鳥取県山岳協会創立50周年式典・祝賀パーティーが開催されました。
日本山岳協会の八木原会長をはじめ、多くの来賓・出席者で盛大に50周年を祝うことが出来ました。以下、式典での鳥取県山岳協会大西会長の挨拶(要約)を掲載いたします。

      ご挨拶  (鳥取県山岳協会長 大西 一俊)

鳥取県山岳協会は1966年(昭和41年)6月26日に創立してから今年で満50年という輝かしい節目を迎えたわけですが、これもひとえに関係各位の皆様の温かいご理解とご支援、そして歴代の協会役員を始めとする諸先輩方のご苦労やご尽力の賜物であり、改めて深く感謝を申し上げます。
 
本協会設立の経緯ですが、まず1956年(昭和31年)に県内の山岳団体の連合組織として鳥取県山岳連盟が結成されました。そして、1966年(昭和41年)に、この山岳連盟を発展的に解消して、現在の鳥取県山岳協会として再出発しました。

それから50年の永きにわたり、皆さまのご理解とご支援をいただきながら、登山界を取り巻く環境の変化や登山技術の進歩に対し、それぞれの時代に対応した活動を行ってきました。
それは、安全登山の普及と技術指導、山岳遭難の防止や救助、海外登山の支援、自然保護、競技登山など、多岐にわたるものです。
中でも、大山の遭難防止活動や救助活動では長年に渡り、協力させていただいておりますし、自然保護の分野では大山の頂上を保護する活動に30年以上に渡り参画させていただております。

加盟山岳団体の数は、創立初期の頃には最大で27団体を数えたこともありますが、組織化を好まない登山者が増えたり、レジャーの多様化に伴う若者の登山離れなどで、徐々に減っていき、現在の加盟団体は15団体となっています。 


この半世紀で登山界も大きく変遷しました。従来から生涯スポーツとしての、安全登山と普及活動は協会の大きな目標でしたが、それに加えて近年はスポーツクライミングの急速な普及に伴い、その競技団体としての活動の比重が高まってきました。

このスポーツクライミング、元々私たちは自然の岩場を登るロッククライミングを楽しんでいたわけですが、国民体育大会などでも競技化され、そして時代とともに自然の岩場ではなく、人工の壁を登るスポーツクライミングへと変化してきました。
2020年の東京オリンピックでスポーツクライミングが競技種目として採用されたことにより、今後さらに注目が集まることになると思います。

鳥取県でも優秀な選手が育っています。先月開催された岩手国体で鳥取県の少年女子チームが優勝したことは記憶に新しいことと思います。山岳協会としても、今後更に選手の育成・指導者の養成・競技環境の整備などに力を入れていくこととしています。

お、このスポーツクライミングについては、本協会の上部組織団体にあたる日本山岳協会が、競技団体としての位置付けを明確にする意味で、来年4月から「日本山岳・スポーツクライミング協会」に名称変更することが決まっています。本協会もどうするのか、その対応が迫られることになります。
 
こうした新しい時代への対応が必要となる中、一方では会員の減少と高齢化も課題となっています。このままでは、従来の登山に関わる活動が先細りになっていく恐れがあります。登山分野をどう盛り上げていくのか。

既に他の県では組織維持のために個人会員制度を取り入れているところもあります。今後は時代に合わせた組織・運営体制の見直しをすることになろうかと考えています。

そのような意味からも、創立50周年を契機に、本協会が今後の発展をめざす新たなスタートとしたいと考えています。引き続き、皆さま方、関係各位のご指導、ご鞭撻を頂きますことをお願い申し上げますとともに、皆様のご健勝とご発展を祈念いたしましてご挨拶とさせて頂きます。



2016年12月11日日曜日

少年女子チーム優勝祝賀会を開催しました。

今年の岩手国体において鳥取県少年女子チームがボルダリング種目で優勝したことを祝し、12月10日(土)にセントパレス倉吉にて優勝祝賀会を開催しました。
 来賓として横山隆義県議会議員、鳥取県地域振興部の岡崎隆司部長、新貞二スポーツ振興監、鳥取県教育委員会寺谷英則教育次長、吉田朋幸体育保健課長、鳥取県体育協会の後藤裕明専務理事にご出席いただきました。また、鳥取育英高等学校の御舩斎紀校長をはじめとした学校関係者の皆さん、育英高校山岳部OBの皆さん、鳥取スポーツクライミングクラブの皆さん、そして選手のご家族や関係者など、たくさんの方にご出席いただきました。

 祝賀会では、皆さんからお祝いの言葉と共に、今後の活躍に対する激励の言葉もいただきました。また、安井博志監督からは国体報告とあわせて、これまでの山岳部の歩みや今度の展望についての話がありました。当の選手である古川日南子さん、高田こころさんからは、これまでのサポートに対する感謝の言葉とともに、今後の更なる活躍の決意をしていただきました。

 今回の祝賀会を一つの契機とし、少年女子の二人を含めた鳥取県チームが今後さらに飛躍していけるよう、協会としてもしっかりとバックアップしていきたいと考えています。


2016年12月10日土曜日

第2回県山協・高体連クライミング講習会

12月10日(土)名和クライミングウォール(名和スポーツランド体育館)で、鳥山協から講師4名を招いて第2回クライミング講習会を行いました。今回の参加者は4校24名でした。
 初めての参加者はクライミングの基本技術を学び、その後ボルダリングの課題に挑戦し、後半は、リード壁に挑戦しました。
 2回目の参加者は前回に比べ難度の高い課題に挑んでいました。  





2016年11月19日土曜日

第1回鳥山協・高体連クライミング講習会

 11月19日(土)名和クライミングウォール(名和スポーツランド体育館)で、鳥山協から講師3名を招いてクライミング講習会を行いました。クライミングの基本技術を学び、その後ボルダリングの課題に挑戦し、後半は、オン・ザ・TOPでリード壁に挑戦しました。
ました。
 今回の参加者は全員1年生で、フィンランドからの留学生も参加しました。全員課題を次々にクリアしました。
次回は12月12日(土)名和クライミングウォール(名和スポーツランド体育館)で開催します。




2016年11月12日土曜日

今年度のわかとりっこボルダリングフェスティバルについて

東京オリンピックにスポーツクライミングが追加されることもあり、クライミング人気が高まり、特にクライミングを楽しむキッズの人口を増えてきました。昨年度に引き続き、今年度もわかとりっこボルダリングフェスティバルを開催する予定にしております。詳しくは近くなりましたら、要項をアップしますが、下記の通りですので、クライミングを楽しむキッズの多くの皆さんの参加をお待ちしております。

日時:平成29年1月15日(日)
場所:名和ウォール
対象:キッズ

2016年10月30日日曜日

第56回中国高等学校登山大会の結果

1.日時:平成28年10月28日(金)~10月30日(日)
2.コース:桂木山・秋吉台コース(八代ぬくもりの里→白糸の滝→桂木山→鐙峠→大正洞
       →大正ヶ岳→長者ヶ森→若竹山分岐→秋吉台家族旅行村)
       幕営地は秋吉台家族旅行村
3.出場校:団体男子24校 団体女子13校
4.鳥取県勢の結果
  団体女子:米子東6位(89.5点)  鳥取西8位(85.3点)  
         鳥取湖陵13位(65.0点)
  団体男子:鳥取西8位(92.9点)  境港総合技術14位(87.7点)  
                     米子東17位(84.6点) 鳥取工業20位(82.2点)
                    鳥取湖陵24位(61.3点)
  
 昨年度より中国大会はチーム行動(各パーティーで登山行動を決め、時間内に行動する)で行われるようになりました。鳥取県勢は団体女子で米子東が6位に入賞しました。鳥取県勢の入賞は平成22年度以来6年振りです。団体男子では、鳥取西が0.9点差で入賞を逃しましたが9位と健闘しました。
 紅葉始りの桂木山、秋晴れの秋吉台を懸命に、楽しく行動していました。今回は、全チーム完登しました。大会運営担当のの山口県高体連の皆様に御礼申し上げます。





2016年10月16日日曜日

第71回希望郷いわて国体の成績について

平成28年10月7日(金)から9日(日)にかけて、岩手県盛岡市の県営運動公園にて国体山岳競技が開催されました。鳥取県チームはストレート出場の成年男子とブロック大会を1位通過した少年男子・少年女子が出場しました。報道等でご承知の通り、下記のように素晴らしい成績を上げることができました。これも選手たちのこれまでの不断の努力の賜物であり、監督、トレーナーの皆さんの厚いサポートがあったればこそと思われます。全国各地のクライミングのレベルが上がる中、今後はさらに厳しい戦いが続くと思われますが、鳥取県の躍進が今後も続くよう、関係者の皆さんに更なる支援をいただくとともに、選手の皆さんにおいても世界を視野に入れながら、精進を続けていただきたいと思います。

【成績】
 ①成年男子(高田知尭・高力秀幸)
    ・リード14位(予選)
    ・ボルダリング6位入賞
②少年男子(河上紘輝・山中一輝)
    ・リード11位(予選)
    ・ボルダリング9位(予選)
③少年女子(古川日南子・高田こころ)
    ・リード2位入賞
    ・ボルダリング1位  ☆初の全国制覇!!
④天皇杯6位(得点64.0)、皇后杯4位(得点55.0)、



2016年10月6日木曜日

マッターホルン報告会

米子クライマーズクラブ(YCC)の会員2名がマッターホルン登頂に挑みました。
報告会を下記の日時で開催します。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

1.日時:10月11日(火)午後7時から 
2.会場:米子工業・米子西高山小屋(大山南光駐車場の奥です)
3.その他:宿泊もできます(1人200円)
       皆様自慢の料理、飲み物をご持参ください。
4.YCCブログ→YCC山便り

2016年9月8日木曜日

第56回中国高等学校登山大会鳥取県予選の結果

1.日時:9月16日(金)~18日(日)

2.コース:用瀬アルプス(幕営地は用瀬総合運動公園内カヌー水辺公園キャンプ場)
       カヌー水辺公園→用瀬支所→三角山→大成山→洗足山→鳥居野→カヌー水辺公園
3.出場校:
  男子:鳥取西・鳥取工業・鳥取湖陵・米子東・米子工業・境港総合技術(8パーティー27名)
  女子:鳥取西・鳥取湖陵・米子東・境港総合技術(4パーティー17名)
4.中国大会出場校
  団体男子:境港総合技術・鳥取西・米子東・鳥取工業・鳥取湖陵
  団体女子:境港総合技術・鳥取西・鳥取湖陵・米子東

5.高体連の大会で初めて用瀬アルプスをコースにして開催しました。梯子あり、鎖場ありと変化に
 富むコースです。用瀬町エコツーリズム連絡会の皆様には、洗足山展望台に新たにベンチを設
 置していただくなど、地元の皆様のご協力により、無事登山行動を終えることができました。あり
 がとうございました。
  高低差のある長い稜線のコースで、設定した規定時間(この時間以内なら体力点は満点)内に
 ゴールできたのは2パーティー、、制限時間以内にゴールできたのは先述の2パーティーに加え1
 パーティー、合計3パーティーという厳しい登山行動でした。制限時間を超えても、ほとんどのパー
 ティーがゴールに到達するなど、選手全員最後まで粘り強く行動していました。
  読図は10ヶ所ポイントを設定しました。多くのパーティーが各地点を正しく判断していました。
  中国大会は10月28~30日、山口県美祢市桂木山~秋吉台で開催されます。今回の大会で 
 発見した課題を改善して、中国大会に向け準備をして欲しいものです。







平成28年度全国高等学校総合体育大会登山大会 第60回全国高等学校登山大会の結果

1.日程
 8月6日:開会式(真庭市勝山文化センター)
 8月7日:毛無山コース(朝鍋鷲ヶ山→金ヶ谷山→白馬山→毛無山)
 8月8日:上蒜山コース(八束自然牧場公園→塩釜→中蒜山→上蒜山南分岐→百合谷牧場→蒜山高原キャンプ場)
 8月9日:下蒜山コース(蒜山高原スポーツセンター→下蒜山登山口→下蒜山→塩釜)
 8月10日:閉会式(真庭市勝山文化センター)
2.出場校:団体男子(A隊)47校  団体女子(B隊)46校
3.鳥取県出場校
  団体男子:境港総合技術高等学校(6年連続8回目)
  団体女子:米子東高等学校(4年連続5回目)
4.結果:
  ①団体男子:境港総合技術 37位(87.4点)
  ②団体女子:米子東 32位(76.8点)
5.大会概況:例年にない猛暑の中登山行動でした。過酷な条件でしたが両校とも完登することができました。鳥取県勢は登山行動3日のうち2日で規定時間にチェックポイントを通過できず、体力などで点数が伸びず思うような成績は残せず、「山の厳しさ」を味わった大会になりました。
今回のメンバーは境港総合は2年生、米子東は1年生が主体のメンバーでした。
  来年は山形県蔵王、月山です。今回学んだことを来年度活かしていきたいです。
6.リンク→2016情熱疾走中国総体競技記録






2016年8月1日月曜日

平成28年度鳥取県高体連登山専門部夏期県外合同合宿

1.日時:平成28年7月30日~8月1日
2.コース:木曽駒ケ岳山域
  7月30日:千畳敷→乗鞍浄土→中岳→頂上小屋幕営地(泊)
  7月31日:頂上小屋幕営地→中岳→宝剣山荘
      ①宝剣山荘→宝剣岳→三ノ沢岳→宝剣岳→伊那前岳→千畳敷
      ②宝剣山荘→伊那前岳→駒飼ノ池→濃ヶ池→馬の背→駒ケ岳→千畳敷
       (①か②は学校毎で選択)
3.参加校:鳥取西(生徒6名・顧問2名)・鳥取工業(生徒1名・顧問1名)米子東(生徒4名・顧問1 名)・米子工業(生徒1名・顧問1名)・境港総合(生徒9名・顧問1名・OB3名)
4.コース概況:30名の大登山隊での山行でした。第1日目は濃いガスのため視界が恵まれませんでしたが、第2日目は、天候に恵まれ、北アルプス、南アルプス、富士山の雄大な山並みを眺めながらの山行きでした。また、幕営地ではきれいなご来光を眺めることができました。
 鳥取県では経験できない氷河地形の壮大な山を味わうことができました。





烏ヶ山登山の禁止解除について

鏡ヶ成キャンプ場からダイレクトに烏ヶ山に登る登山道は、鳥取県西部地震で崩壊し、
長らく登山禁止措置の措置が執られていましたが、鳥取県山岳協会を始め、関係各機関
で協議・調査を繰り返した結果、登山口の「登山禁止」の看板を「注意喚起」の看板に替え、
事実上の登山解禁となりました(7月30日設置)。

なお、草刈り等の登山道整備はしてありますが、上部の分岐の案内看板はこれから
設置する予定ですので、それまでは道迷い等の無いよう地図・コンパスでの確認を
お願いします。ニッチ出版の登山地図には来年から記載の予定です。

登山届は、国民休暇村奥大山のフロントで受付ますので、よろしくお願いします。


2016年7月24日日曜日

2016年インターハイ間もなく開幕です。インターハイコース踏査頑張っています。

 2016年情熱疾走中国総体(インターハイ)は、7月26日山口県でサッカー競技から始まります。
登山競技は8月6日~10日に、毛無山・朝鍋鷲ヶ山、蒜山で開催されます。
期間中多くの選手が通過します。ご迷惑をお掛けしますがご協力お願いいたします。
1.日程
 8月6日:開会式(真庭市勝山文化センター)
 8月7日:毛無山コース(朝鍋鷲ヶ山→金ヶ谷山→白馬山→毛無山)
 8月8日:上蒜山コース(八束自然牧場公園→塩釜→中蒜山→上蒜山南分岐→百合谷牧場→蒜 山高原キャンプ場)
 8月9日:下蒜山コース(蒜山高原スポーツセンター→下蒜山登山口→下蒜山→塩釜)
 8月10日:閉会式(真庭市勝山文化センター)
2.出場校:団体男子(A隊)47校  団体女子(B隊)46校
3.鳥取県出場校
  団体男子:境港総合技術高等学校(6年連続8回目)
  団体女子:米子東高等学校(4年連続5回目)
4.両校とも踏査頑張っています(写真は米子東)。

2016年7月20日水曜日

第3回大山キャリーアップ・ボランティア募集について

鳥取県では、登山者の方達が安心・安全に登山できるようにする為の木道修繕用の桟木(さんぎ)を運ぶ活動が実施されています。今年も、作業ボランティアが下記の通り募集されることになりました。
(※桟木:木道に滑り止めの為に横に渡してある木)

                 記 

1.概要
木道の桟木(800グラム 1人1~2本を予定)を大山ふもとから頂上まで運搬する作業。尚、一木一石運動(石や苗木等を持って山頂に登り、浸食溝の穴埋めや緑の復活を行う運動)にも御協力いただく予定。

2.実施日時
平成28年9月11日(日)午前7時受付開始(9時終了) 小雨決行

3.募集期間
平成28年7月11日(月)9:00〜平成28年8月10日(水)17:00

4.募集人数
250名(先着)

5.申込方法
住所、氏名、電話番号を下記申込先に電話、ファクシミリまたはEメールでお知らせ下さい。

6.申込・問合せ先
〒683-0054 米子市糀町1丁目160
鳥取県西部総合事務所 生活環境局 生活安全課
TEL 0859-31-9320  FAX 0859-31-9333
Eメールアドレス seibuseikatsukankyo@pref.tottori.jp
(担当 動物・自然公園担当 小谷、的場)

HP http://www.pref.tottori.lg.jp/daisen-carryup/

2016年6月26日日曜日

祝日「山の日」制定記念式典・フォーラムのお知らせ

8月11日に、祝日「山の日」制定記念式典・フォーラムを開催します。
午前の部は鳥取県山岳協会が主催します。
会場入口では山用具の展示なども予定しております。

混雑が予想されますので、早めにご来場ください。開場午前9時半。
(午後の部は入場整理券が必要です。午前9時半から配布します。)

2016年5月30日月曜日

平成28年度第51回鳥取県高等学校総合体育大会登山競技の部結果

 1.大会期日:平成28年5月28~5月30日
2.大会山域:大山山域(大山国体広場-南光河原駐車場-五合目(ザックデポ・サブ行動)-弥山山頂-五合目(メインザック行動)-元谷-下宝珠登山口-下宝珠越-宝珠山-中の原スキー場-寂静山-大山国体広場)
3.出場パーティー数:男子7校13パーティー 女子4校8パーティー 86名
4.優秀パーティー・優秀個人:
①団体男子(A隊):境港総合A1 ・ 米子東A1・境港総合A2・鳥取西A1
②団体女子(B隊):米子東B1・ 鳥取西B1・鳥取湖陵B1
③優秀個人:京力正彦(米子工業)・吉村勇介(鳥取湖陵)・石橋貴由起(鳥取育英)
        江﨑笙吾(米子東)・佐々木優衣(鳥西)
5.インターハイ出場
①団体男子(A隊):境港総合(6年連続8回目)
②団体女子(B隊):米子東(4年連続5回目)  
 今年度から完全チーム行動で登山行動を行いました。各パーティーともリーダーを中心に協力して素晴らしいパーティーシップをみせてくれました。
 登山行動日の5月30日は、早朝は晴れていましたが、10時ごろから雲が多くなり、雲の多い涼しい天候の中での登山行動でした。山頂付近はガスが厚く、視界は無く、肌寒かったですが、選手たちは元気よく登山行動をしていました。この日の設営審査は午後から降り出した強い雨の中行われました。訓練されているパーティーはどんな条件でも手際よく設営できていました。
  団体男子は、全審査項目でほぼ満点と完璧に行動した境港総合技術、団体女子は終始力強い行動を見せた1年生中心メンバーで構成された米子東が制しました。両校が8月岡山県蒜山・毛無山一帯で開催されるインターハイに出場します。
 多くの3年生は、この県総体で部活動から引退します。この1年間、高体連登山部の活動をリードしてくれました。普段の活動、大会では下級生たちを指導し、リードしてくれました。リーダーとして多くの苦しみを乗り越えたと思います。、3年間の活動で身に着けたことをこれからの人生で活かして下さい。


2016年5月7日土曜日

2016年度の執行部体制(報告)

先月、鳥取県山岳協会評議員会を開催しました。
 2015年度の活動報告と会計報告及び2016年度の活動計画並びに予算案が執行部原案のとおり承認されました。
役員改選が行われ、2016年度からの執行部は次のとおりです(任期2年)。

会     長   大西一俊 (再任 米子登攀倶楽部)
副 会 長   亀尾 崇 (再任 米子市役所山の会)
副  会   長  葉狩健一 (再任 鳥取久松山岳会)
副  会   長  小坂秀己 (新任 米子市役所山の会・岳獅会)
理  事   長  小坂秀己 (再任 副会長兼務 )

普  及  委 員 長    松下順一 (米子登攀倶楽部)
指  導  委 員 長    渡辺公二 (米子登攀倶楽部)
遭難対策委員長  神庭 進 (名和クライミングクラブ)
自然保護委員長  松塚明則 (王子製紙米子工場山岳部)
競  技  委 員 長      山田佳範 (伯耆山岳会)
高体連登山専門部 池成和芳(鳥取西高校)

※今年度は鳥取県山岳協会創立50周年を迎えますが、
 記念行事を各種計画しております。その都度ご案内
 いたしますので、ご参加等よろしくお願いいたします。


  

2016年4月17日日曜日

平成28年度鳥取県高等学校新人登山大会

1.期日:4月15日(金)~17日(日)
2.参加:生徒39名(男子27名・女子12名) 顧問・役員:16名
3.参加校:鳥取西・鳥取湖陵・米子東・米子工業・境港総合技術
4.コース:わかさ氷ノ山キャンプ場-氷ノ越-氷ノ山山頂-三の丸-スノーピアゲレンデ-わかさ氷ノ山キャンプ場
 今年度はわかさ氷ノ山キャンプ場をベースに開催しました。15日に自然探勝路をスノーピアチャレンジリフト中間点まで行動し、16日に登山行動をしました。例年に比べ積雪がほとんどなく、快晴の下快調な登山行動で、男子は4時間30分、女子は5時間30分で全行程をクリアしました。
 最終日は、寒冷前線接近の暴風雨の中、全員手際よく撤収をしていました。