2013年3月5日火曜日

『登山家 山野井泰史講演会』の報告

先にお知らせした、『登山家 山野井泰史講演会』が2月23日に実施されました。

当日の参加者は275名。
山野井さんには登山に興味を持った小学生の頃のことから始まり、若き日のビッグウォールクライミング、そしてヒマラヤでのアルパインクライミングの様子などを語っていただきました。
お話が終わった後の質疑応答も盛り上がり、とても充実した講演会となりました。

講演会の翌日は大山北壁・別山バットレス中央稜を目指す予定でしたが、天候悪く夏山登山道の往復にとどまりました。
結局山野井さんは、3日間の米子滞在中、一度も大山の姿を見ることがなかったのですが、大山のことはとても気に入っておられたようです。
また機会を作り、こんどは大山北壁を登ることを目標に山陰を訪れたいとおっしゃっていました。

0 件のコメント: