2011年6月30日木曜日

ブロック大会報告とクライミングコンペin赤碕のご案内について

 6月18日、19日に岡山湯原クライミングセンターで第66回国体ブロック大会が開催されました。鳥取県の選手は日頃の練習の成果をいかんなく発揮し、少年男子2位、少年女子2位、成年女子2位という結果でした。ただ残念ながら、出場枠の関係で少年女子は本国体出場はかなわなかったものの、記録より記憶に残るクライミングを見せてくれました。少年男子、成年女子は10月の本国体出場となります。山口での開催であり、鳥取からもたくさんの応援をいただきたいと思います。

 さて、以下のように、国体成年男子の予選会を兼ねたクライミングコンペを開催します。ふるってご参加ください。
 1.開催期日 平成23年7月24日(日)
 2.会  場 東伯郡琴浦町赤崎 旧赤崎高校体育館内 「赤壁ウオール」
 3.実施種目 ボルダリング競技及びリード競技2種目とし、成年男子以外は、リード競技にはボルダリング競技上位選手若干名が出場できるものとする。
 4.参加種別 成年男子(平成5年4月1日以前に生まれた者)  少年男子 女子・ジュニア
 5.日  程
     役員集合 8:30
     受  付 9:00~9:30
     開会式 9:45~9:55
     競技開始 10:00
     ボルダリング競技(女子・ジュニア)
     ボルダリング競技(男子) (インターミッション)
     リード競技(女子・ジュニア)
     リード競技(男子)
     終了    15:00
     表彰式   15:30
  *競技順、競技方法等は運営の都合上変更することがあります。
 6.競技上の規定及び方法
   1)原則として(社)日本山岳協会山岳競技規則集(H22.5月改訂)による。
   2)実施競技はボルダリング競技、リード競技2種目とし、ボルダリングはIFSC方式とする。成年男子以外はボルダリング競技上位選手若干名がリード競技に出場できるものとする。
 7.参加申し込み 7月19日(火)までに別紙申込書をFAX又は郵送により、申し込むこと。(必着。この日までに間に合わない場合、携帯電話に連絡を入れてください。)
申込先;〒680-1437 鳥取市大畑175番地2 山田 佳範
(自・FAX 0857-57-0837、勤0857-24-3925)
 8.一般的事項
 (1)昼食は各自で準備すること。
 (2)服装は競技に支障のない範囲で自由とする。
 (3)競技中の事故、疾病については主催者は一切責任を負いません。必要な救急品等は各自で携行してください。
 (4)参加費として3,000円を徴収します。
 (5)各種別の上位3位までに賞品を授与する。
 (6)成年男子の国体選手の選考については、本予選会の成績結果を参考として県山岳協会が選考し、県体育協会に推薦する。
 (7)本件問い合わせ先
   山田佳範  (自0857-57-0837)(勤0857-22-3617)(携090-7770-7118)
   安井博志 (勤0858-37-3211)

2011年6月22日水曜日

遭難救助研修会のご案内

遭難救助研修会のご案内

 遭難対策委員会では遭難救助活動で必要となるロープの結束、
システム構築、要救助者の搬出訓練から救急法などにおいて技術
の確認と検証、共通認識の向上を計る目的で各項目を何度かに分
けて研修会を開催する予定にしています。

 内容はセルフレスキューと共通する部分も多いですが、組織的
な救助を想定したものとなっています。
これらの研修会は、通常の講習会とは異なり講師はおらず
(※救急法を除く)進行役がいるに留まります。つまり、参加者の
皆さまから色々な意見を出して頂き、より良く、より効率的な方法
等を見出し、実際の効果を検証するのが最大の目的である為です。

 全く経験の無い方から経験者までどなたでも参加して頂きたく
思います。しかし前述の通り、講師を設けないという通常の講習会
とは異なる性質の為、初心者の方に合わせて進行することはいたし
ませんので、ご了承ください。

開催日程は下記の通りです。皆様のご参加、お待ちしております。

◇講習会日程(予定)
7月3日(日)…ロープ結束等 ※雨天の場合は10日に延期
8月28日(日)…救急法 ※講師は西部消防局職員
9月11日(日)…搬送法
これ以降も数回の研修会を予定しています。
各回の研修詳細については、別途ご案内いたします。

◇問合せ先
遭難対策委員会委員長 香田隆史
携帯電話:090-4578-2748
パソコンアドレス:takakei-jijibaba@olive.plala.or.jp

2011年6月4日土曜日

第66回国体中国ブロック大会のご案内

 6月17日(土)、18日(日)に本国体出場をかけた中国ブロック大会があり、成年女子、少年男子、少年女子の各2名ずつが出場する予定です。本年度の本大会出場枠は成年女子は2,少年男子は2,少年女子は1ですが、本国体が山口であるため、山口はオープン参加になり、今年は全種別出場する大きなチャンスです。以下のような日程で開催されますので、ぜひ多くの方に応援に来て頂き、鳥取の選手に声援を送って頂きたいと思います。
 6月17日(土)リード競技 9:30~17:00
 6月18日(日)ボルダリング競技 9:10~15:15
いずれも、湯原クライミングセンターで開催されます。なお、選手、監督は津黒高原荘に宿泊予定です。