2017年5月31日水曜日

安全登山講習会(ビバーク講習)の開催について




主催:鳥取県山岳協会
共催:日本山岳・スポーツクライミング協会 山岳共済会
目的          予期せぬアクシデントが起こったとき、無理せず安全に一夜を過ごす「ビバーク」を行うために必要な知識と装備などについて学び、生命の危険を回避する技術を習得する。
内容          山のいろいろな場所で実際にビバーク態勢をとり、より安全で快適なビバークをするために何が必要かを考える。
日時          平成2972(日)9:0016:00 (※荒天等の場合は79()に延期)
集合          大山情報館2階入口付近 8:50 (鳥取県西伯郡大山町大山40-33) 
講習場所          大山 宝珠尾根周辺
参加費          1,000円 ※鳥取県山岳協会会員で、山岳共済加入者は無料。
予定人数          15名程度(申し込み多数の場合は先着順)
参加資格          一般登山装備をお持ちの方(登山靴、ザック、雨具等)。
山岳会等への所属有無は問いません。
申し込み          625日(日)締切 ※下部記載の申込先まで。
申し込み時には下記事項をご連絡ください。
①所属山岳会(無所属も可) ②氏名(ふりがな) ③年齢 ④性別 ⑤住所
⑥電話番号 ⑦メールアドレス
      (※個人情報は必要事項の連絡、および保険手続きに使用します。)
準備品          登山靴、ザック、雨具、防寒着、登山に適した服装、行動食、飲料
※マット類・ツェルト・レスキューシート・細引き、コンロなど、ビバークに使えそうな装備がある方はご持参ください。また、講習は実際に山で行います。藪の生えた場所もあるかもしれませんので、それなりの服装でご参加ください。
昼食          各自、行動食を持参。暑さが予想されますので、飲料を十分にご用意ください。
その他          ・少雨決行とします。悪天候などのやむを得ない事情により中止(延期)となる場合があります。その場合は申込時にお聞きした番号へ電話連絡いたします。
 

【問い合わせ・申込先】
鳥取県山岳協会 遭難対策委員会
神庭(かんば) 進 090-2809-3721   rustique_kanba@ybb.ne.jp

2017年5月30日火曜日

平成29年度第52回鳥取県高等学校総合体育大会登山競技の部結果

1.大会期日:平成29年6月3~5日
2.大会山域:大山山域(一向平キャンプ場-吊り橋-大山滝-大休口-大休峠(ザックデポ・サブ行動)-矢筈ヶ山頂-大休峠(メインザック行動)-香取分れ-川床-大山国体広場)
3.出場パーティー数:男子7校14パーティー 女子4校5パーティー 74名
4.優秀パーティー・優秀個人:
①団体男子(A隊):境港総合A1 ・境港総合A2・鳥取西A1・境港総合A3
②団体女子(B隊):境港総合B・ 鳥取西B
③優秀個人:渡邊俊(米子工業)・石田敦大(鳥取育英)
5.インターハイ出場
①団体男子(A隊):境港総合(7年連続9回目)
②団体女子(B隊):境港総合(10年振り2回目)  
 今年度も完全チーム行動で登山行動を行いました。各パーティーともリーダーを中心に協力して素晴らしいパーティーシップをみせてくれました。特に、大休峠のメインザックのデポジットは全パーティー素晴らしいものでした。
 登山行動日の6月4日は、晴天で、矢筈ヶ山山頂からの眺望は素晴らしいものでした。選手たちは元気よく登山行動をし、ほとんどのパーティーが規定時間内でゴールしていました。
 読図は難易度が高く、どのパーティーも苦戦していました。
  団体男子は、出場3パーティーが全て優秀パーティーに入賞するなど厚い選手層の境港総合技術、団体女子は終始力強い行動を見せた境港総合技術が制しました。男子境港総合技術は7年連続9回目、女子境港総合技術は10年振り2回目のインターハイ出場です。インターハイは7月30日~8月3日に山形県県月山・蔵王山系で開催されます。
 多くの3年生は、この県総体で部活動から引退します。この1年間、高体連登山部の活動をリードしてくれました。普段の活動、大会では下級生たちを指導し、リードしてくれました。リーダーとして多くの苦しみを乗り越えたと思います。3年間の活動で身に着けたことをこれからの人生で活かして下さい。






 

2017年5月18日木曜日

スポーツクライミングボルダリングユース日本選手権鳥取大会の開催について

平成29年5月20日(土)・21日(日)に鳥取県立倉吉体育文化会館にて、第3回目となるボルダリングユース大会が開催されます。昨年を優に上回るほぼ300名の選手が全国から集結し、世界ユース選手権の代表権を目指して、熱戦が繰り広げられることが期待されます。鳥取からも高田こころ選手をはじめ、多くの選手が参戦し、上位を目指して熱い戦いをしてくれることでしょう。また、昨年8月に、スポーツクライミングが東京オリンピックの正式種目に決まってから、スポーツクライミングの認知度や注目度は飛躍的に高まり、県内外から多くのマスコミが来ることも予想されます。ぜひ多くの方に会場においでいただき、まさにオリンピック世代となるユースの熱きクライミングを観戦し、声援を送っていただけたらと思います。全国級、いや世界級のクライミングを鳥取で見ることができる絶好の機会です。ぜひ、会場にお越しください。

大会HP>> http://www.jma-climbing.org/competition/2017/byc/

2017年4月23日日曜日

平成29年度鳥取県高等学校新人登山大会


1.期日:4月21日(金)~23日(日)
2.参加:生徒59名(男子40名・女子19名) 顧問・役員:13名
3.参加校:鳥取西・鳥取工業・鳥取湖陵・米子東・米子工業・境港総合技術
4.コース:用瀬アルプス(幕営地は用瀬総合運動公園内カヌー水辺公園キャンプ場)
     カヌー水辺公園→女人堂→三角山→大成山→洗足山→金谷→カヌー水辺公園
5.中国大会予選に続き、用瀬アルプスをコースにして開催しました。高低差のある長い 
     稜線のコースで、梯子あり、鎖場ありと変化に富むコースです。
     春先の新緑の中、快晴の下快適な登山行動でした。
     今大会は1年生が男子11名、女子6名、例年より多くの1年生が参加しまし
     た。初めての山行でしたが、上級生のリードもあり全員無事完登しました。
     各校とも、6月の県総体に向けていい練習になりました。







     

2017年4月1日土曜日

大山春の一斉清掃のご案内

通算80回目を数える大山一斉清掃が下記の通り実施される旨、
案内がありました。
大山の豊かな自然景観を守っていくため、「大山環境宣言」を体現
する取り組みであるこの一斉清掃に、みなさまのご参集をお待ちし
ています。

鳥取県山岳協会として申し込みますので、参加される方は、
4月5日(水)までにご連絡下さい。

*連絡先  松塚(自然保護委員会)TEL 090-7548-9122
 

           記 

1.日時   平成29年4月16日(日)
       開会式  3会場とも  午前9時〜
       ※雨天時について、荒天以外は基本的に催行予定です。

2.清掃場所 大山町大山 :大山第4駐車場(博労座)集合
       伯耆町桝水原:まつおか食堂前集合
       
江府町大平原:エバーランド奥大山集合
       浦町一向ヶ平では 別途日程で実施されます。
        『山開き式&クリーン作戦』
        お問い合せは琴浦町商工観光課(0858-55-7801)迄

3.提供品  いずれも当日のお渡しとなります。
       ・ゴミ袋・軍手

4.事務局  大山の美化を推進する会 
       (大山町役場大山支所観光商工課内)

5.中止判断 災害発生や危険を感じる荒天以外は基本的に催行します。

       しかし、昨年4月は猛烈な風雨により、桝水原・大山会場
       は中止となりました。もし、中止の場合は3会場とも緊急
       連絡ページとして以下のウェブ上でお知らせします。
       ツイッター:むきぱんだ@mukipanda
       ⇨ https://twitter.com/mukipanda

2017年3月2日木曜日

わかとりっこボルダリングフェスティバルを開催しました!

2月26日(日)に、名和ウォールにて「わかとりっこボルダリングフェスティバル」を開催しました。当初1月15日の予定でしたが、雪のため延期をして実施をいたしました。36名の子ども達が集い、熱戦を繰り広げました。自分の力をしっかりと出し切りたいと何度も粘ってトライする姿や絶対登ってやるぞと果敢に課題に挑戦する姿がたくさん見られ、見ている者も熱くなった大会となりました。


2017年2月28日火曜日

優秀団体賞の受賞

2月25日、白兎会館(鳥取市)において、鳥取県体育協会より平成28年度の
優秀団体として本協会を表彰していただきました。

近年、スポーツクライミングの分野において、国体や海外の競技会等で優秀な
成績をおさめてきたことが評価されました。
これを励みとして、更に選手や指導者の育成に勤めてまいりたいと思います。

なお、スポーツクライミングについては今年もユースボルダリングの全国大会が
倉吉市で開催されます。
また、来年はIFSCのクライミングアジア大会が同じく倉吉市で開催されます。

倉吉体育文化会館には既にリード壁が設置してありますが、今年さらに
ボルダリングとスピード壁の設置も予算化されており、4月からは指導員の配置
も予定されています。設備や人的な面でも充実した環境になりそうです。